連載

金言

欧州総局長、外信部長などを歴任した小倉孝保論説委員のコラム。

連載一覧

金言

金夫妻の儀礼外交=西川恵

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 <kin-gon>

 北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長と韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領の首脳会談後にもたれた夕食会。南北双方約70人が参加して和気あいあいと行われたが、外交儀礼(プロトコール)を通して見た風景には示唆的なものがあった。

 夕食会冒頭の映像を見て、エッと思ったのは私だけではないだろう。高揚感いっぱいの文大統領が「自由に行き来できるその日のために!」と、シャンパングラスを上げた。グラスはフルートと呼ぶ細身のタイプ。文大統領はグラスの胴体をワシづかみにして杯を上げ、そのまま金委員長に近寄ってグラスを合わせた。

 グラスをワシづかみにするのは作法として美しくない。知り合いのワイン好きの女性は「文大統領があまりワインを飲まないことが分かる」と言った。ただここで私が触れたいのは文大統領のやぼったさではなく、それと比べた時の金委員長のスマートさだ。

この記事は有料記事です。

残り662文字(全文1050文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集