メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

点検・改憲論議

/4 国政調査権/解散権制約 「恣意的運用 是正を」 野党、「政権主導」けん制

 「あすは木曜日ですね」。4月25日、衆院憲法審査会の与党幹事を務める中谷元・元防衛相(自民党)は、電話で与野党幹事懇談会の開催を打診した。しかし、野党幹事の山花郁夫氏(立憲民主党)は「無理です。連休明けにお会いしましょう」と即座に断った。立憲など野党6党は、安倍政権の一連の不祥事を受けて国会審議を欠席し、日程協議にも応じない方針を決めていたためだ。

 憲法改正の議論を早急に始めたい自民党に対し、野党だけでなく公明党も慎重だ。今国会で衆院憲法審は一回…

この記事は有料記事です。

残り799文字(全文1025文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営
  3. 自民総裁選 「45%」割れる解釈 麻生氏「どこが善戦」
  4. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  5. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです