メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

イランミサイル警戒 核合意巡り対立激化

 【ワシントン会川晴之】2015年7月に主要6カ国とイランが結んだ核合意の見直しを強く求めるトランプ米政権。背景には、核合意の対象外であるイランの弾道ミサイルが中東地域の「不安定要因となっている」との警戒感がある。一方、イランはミサイルを「防衛手段」と位置づけており、トランプ政権の「見直し判断期限」が今月12日に迫る中、両国の対立は激しさを増している。

 米国の保守系シンクタンク「民主主義防衛財団(FDD)」のベン・タレブルー研究員によると、イランは核…

この記事は有料記事です。

残り627文字(全文854文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  3. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  4. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

  5. 滋賀・湖東病院事件、検察側が有罪立証断念 無罪確実に 新証拠は困難

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです