メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
投資は変わるか

資産形成新潮流/中 運用者が脱「黒衣」 哲学語り共感つかむ

「顔が見える投信」を目指す「げんせん投信」のホームページでは、運用を担当する伊藤琢氏が自らの写真入りで投資哲学などを説明する=東京都千代田区で、岡大介撮影

 「思いをお伝えします」「質問にお答えします」--。スーツ姿の男性がほほえむ。ニッセイアセットマネジメントが2017年6月に設定した「げんせん投信」の特設ホームページ。運用責任者の伊藤琢氏や商品開発、マーケティング担当者ら10人以上が顔写真入りで登場し、投資哲学や企業訪問の様子、中には高校時代までさかのぼった詳しい経歴まで紹介している。大手運用会社がここまで「情報公開」するのは異例だ。

 徹底した「顔出し」には「相場が悪くなっても逃げ隠れしない。良い時も悪い時もチームで戦い、顧客と長く…

この記事は有料記事です。

残り1096文字(全文1340文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河野外相が韓国内の日本製品不買運動に懸念表明

  2. けものフレンズ 新フェネック役に新人声優・美坂朱音 初インタビュー 初の収録で涙も

  3. 日韓外相、元徴用工問題で「意思疎通の継続」一致

  4. ぐるっと首都圏・母校をたずねる 神奈川県立湘南高/2 自由な校風、観察眼培う 国際政治学者・三浦瑠麗さん /東京

  5. 鳥取県がドラレコ購入に助成 あおり運転など抑止狙い 1台3000円補助 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです