メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
きょうはみどりの日

作品紹介(その1) 映画「羊と鋼の森」 自然は人を幸せに 北海道・トムラウシ出身の青年が主人公

原作者で作家の宮下奈都さん

 きょうは「みどりの日」。新緑の美しい季節、豊かな自然を舞台にした二つの作品を紹介します。北海道・トムラウシ出身の一人の青年がピアノ調律師として成長する映画「羊と鋼の森」と、岐阜県東濃地方が舞台となったNHK連続テレビ小説「半分、青い。」です。

「森に育てられる調律師」見守って 言葉にならぬ世界描写 原作者・宮下奈都さん

 宮下奈都さんが「羊と鋼の森」を書いたそもそもの始まりは、幼少時から自宅にあったピアノの調律師の言葉だったという。ある時、宮下さんが「このピアノは古いですけど大丈夫ですか」と聞くと、調律師は答えた。「このピアノの中にはいい羊がいますから、まだまだ大丈夫です」

 ピアノのハンマーは羊の毛のフェルトでできている。調律師は、昔の羊は栄養たっぷりの草を食べていて、毛…

この記事は有料記事です。

残り1894文字(全文2233文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 香港のブルース・リー宅取り壊し ファン、保存訴えるもかなわず

  3. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

  4. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

  5. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです