メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きょうはみどりの日

作品紹介(その1) 映画「羊と鋼の森」 自然は人を幸せに 北海道・トムラウシ出身の青年が主人公

原作者で作家の宮下奈都さん

 きょうは「みどりの日」。新緑の美しい季節、豊かな自然を舞台にした二つの作品を紹介します。北海道・トムラウシ出身の一人の青年がピアノ調律師として成長する映画「羊と鋼の森」と、岐阜県東濃地方が舞台となったNHK連続テレビ小説「半分、青い。」です。

「森に育てられる調律師」見守って 言葉にならぬ世界描写 原作者・宮下奈都さん

 宮下奈都さんが「羊と鋼の森」を書いたそもそもの始まりは、幼少時から自宅にあったピアノの調律師の言葉だったという。ある時、宮下さんが「このピアノは古いですけど大丈夫ですか」と聞くと、調律師は答えた。「このピアノの中にはいい羊がいますから、まだまだ大丈夫です」

 ピアノのハンマーは羊の毛のフェルトでできている。調律師は、昔の羊は栄養たっぷりの草を食べていて、毛…

この記事は有料記事です。

残り1894文字(全文2233文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 不明 2歳児無事発見 ボランティア、山中で保護 山口
  2. 富田林署逃走 本部長が謝罪コメント「多大なご不安」
  3. 2歳児保護 見つかったのは560メートル先の山中
  4. ビアガーデン 猛暑で絶好調 福岡市内、昨年比増の客足続く /福岡
  5. 2歳児無事保護 「すごい生命力」医師 今週中には退院か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです