メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
旧優生保護法を問う

議事録から(その1) 強制不妊、国会が主導

初の国賠訴訟第1回口頭弁論のため、横断幕を持って仙台地裁に入る新里宏二弁護士(手前左から2人目)ら=仙台市青葉区で2018年3月28日午、喜屋武真之介撮影

 第二次世界大戦後の主な国々の中で唯一、障害者らに不妊手術を強制する「優生保護法」(1948~96年)を制定した日本。議員提案で生まれた同法は、現憲法下で半世紀近く続いた後、議員提案で事実上廃止され、22年後の2018年、議員が中心となり被害救済への議論が始まった。法成立前後からの70年余にわたる国会議事録をひもとくと、「国家による人権侵害」が放置された経緯が見えてきた。障害者らへの差別を根絶するためには、謝罪や補償と併せ、闇の中にある実態の解明が急務だ。(肩書は当時)

この記事は有料記事です。

残り4796文字(全文5033文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 各地で猛暑 埼玉で38度の予想 「命の危険」気象庁、注意を呼びかけ

  2. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  3. 「けいおん!」「聲の形」など 松竹が京アニ映画の特集上映を発表

  4. 「全員野球できた」鶴岡東主将、全力出し切り「悔いはない」

  5. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです