メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

議事録から(その2止) 被害者置き去り 70年

国、予算増で手術迫る

 旧優生保護法の政府予算をたどると、国会議員らの要求に追従しつつ、積極的に施策を推進した行政の姿が見えてくる。

 厚生省は法施行の翌1949年度に国会へ提出した予算説明の中で、「悪質なる素質を有する者の出生を抑制」するため、遺伝性疾患を強制の対象にした「4条手術」の費用を政府が全額負担する理由を記した。予算には手術料や入院料、付添人の旅費も含まれており、施策を強力に遂行する国の決意をにじませたといえる。

 予算は年度ごとに上昇し、地方自治体は手術件数を伸ばした。55年度(1362件)をピークに減少傾向へ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋で乗用車とごみ収集車が衝突 女性と子供が意識不明 10人けが
  2. 東京・池袋衝突事故 重体の女性と女児が死亡
  3. 辺野古取材の池上彰さんを撮影 「マスコミ特定」反対派リスト作成の警備会社が指示
  4. 交通安全教室でスタントマンの男性死亡 事故再現で 京都
  5. 東京メトロ東西線 一時運転見合わせ 行徳駅で人身事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです