メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

議事録から(その2止) 被害者置き去り 70年

国、予算増で手術迫る

 旧優生保護法の政府予算をたどると、国会議員らの要求に追従しつつ、積極的に施策を推進した行政の姿が見えてくる。

 厚生省は法施行の翌1949年度に国会へ提出した予算説明の中で、「悪質なる素質を有する者の出生を抑制」するため、遺伝性疾患を強制の対象にした「4条手術」の費用を政府が全額負担する理由を記した。予算には手術料や入院料、付添人の旅費も含まれており、施策を強力に遂行する国の決意をにじませたといえる。

 予算は年度ごとに上昇し、地方自治体は手術件数を伸ばした。55年度(1362件)をピークに減少傾向へ…

この記事は有料記事です。

残り574文字(全文836文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです