メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

障害ある命、認めて 24年前、世界に撤廃訴えた女性 「多様性のある社会に」

エジプトで開催された国際会議を振り返る安積遊歩さん=札幌市西区で、竹内幹撮影

 1994年9月にエジプトの首都カイロであった国際会議で、車いすの日本人女性が旧優生保護法(48~96年)の撤廃を求めた。札幌市に住むカウンセラーで当時38歳の安積遊歩(あさかゆうほ)さん(62)。2年後、同法は障害者らへの強制不妊手術などを廃止した母体保護法に改定された。「生まれつき優生思想を持つ人はいないはず」。生まれつき骨がもろい障害のある安積さんは言い、多様性を認め合う社会の到来を願う。【日下部元美】

 性と生殖に関する自己決定権が議題となった国連の国際人口開発会議。「どうしても法廃止を呼びかけたい」…

この記事は有料記事です。

残り903文字(全文1159文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  3. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  4. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

  5. 滋賀・湖東病院事件、検察側が有罪立証断念 無罪確実に 新証拠は困難

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです