メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

流産・死産の悲しみ、癒やすすべは 「我が子の死」意識強まり 安井真奈美教授

周産期のグリーフ(悲嘆)ケア研究 国際日本文化研究センター・安井真奈美教授

 かつては自宅で出産することが多く、死産になると胎盤などとともに処置することが多かった。また、家族らが集まって葬儀を行い、経験者が慰めの言葉をかけるなど、女性が悲しみを1人で抱え込まずに済んだ。

 1970年代以降、超音波検査の普及で機器を通じて胎児が可視化されるようになったため、流産の場合も我が子の死として明確に認識さ…

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文494文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 坂本スミ子さん死去、84歳 歌手・俳優「夢であいましょう」「楢山節考」

  2. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 大阪で新たに525人感染 死亡は14人、6日連続10人以上 新型コロナ

  5. ハローワーク堺でクラスター 職員計11人が感染 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです