メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

「多様性祝福する社会を」 世界に撤廃訴えた女性

 1994年9月にエジプトの首都カイロであった国際会議で、車いすの日本人女性が旧優生保護法(48~96年)の撤廃を求めた。札幌市に住むカウンセラーで当時38歳の安積遊歩(あさかゆうほ)さん(62)。2年後、同法は障害者らへの強制不妊手術などを廃止した母体保護法に改定された。「生まれつき優生思想を持つ人はいないはず」。生まれつき骨がもろい障害のある安積さんは言い、多様性を認め合う社会の到来を願う。

 性と生殖に関する自己決定権が議題となった国連の国際人口開発会議。「法廃止を呼びかけたい」と日本のN…

この記事は有料記事です。

残り597文字(全文847文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 瀬古氏、MGC3位の大迫にファイナルチャレンジ回避の勧め

  2. 英議会風刺のバンクシー画競売へ 議員の代わりにチンパンジー、EU離脱の混迷で注目

  3. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  4. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  5. 千葉停電 被災者「あきれた」「県外避難も」 東電説明二転三転

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです