メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

完成した五右衛門風呂=岐阜女子大提供

 緑に包まれたキャンパスに映えるログハウス風の建物。温泉マークののれんの奥に、ヒノキ造りの洗い場と風呂釜が二つ。岐阜女子大(岐阜市)に昨年6月完成した災害時浴室棟「岐女(ぎじょ)の湯」だ。

 家政学部生活科学科住居学専攻の学生たちが実習の一環で企画、設計から建設まで全てを手がけた。足かけ5年、関わった学生は80人に上る。

 学内の体育館は災害時、地域の人の避難所になる。「お風呂の支援は後になりがちだが、特に女性や子どもに…

この記事は有料記事です。

残り298文字(全文508文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳で入場断られ…「取り返しがつかない」憤りの声
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 三越伊勢丹 3店閉鎖へ 新潟、相模原と府中
  4. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国指導者
  5. 熱血!与良政談 首相の「不都合な真実」=与良正男

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです