メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米中

貿易戦争回避へ協議開始 北京で閣僚級会合

 【北京・赤間清広】米中両政府は、3日から2日間の日程で通商問題に関する閣僚級会合を北京でスタートさせた。世界1、2位の経済大国による「貿易戦争」の懸念が高まる中、米中が通商摩擦緩和に向けた協議を本格化させた形だ。

 協議にはムニューシン米財務長官、ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表らトランプ政権の主だった経済閣僚が参加。対中強硬派として知られるナバロ通商製造業政策局長も加わった。中国側は習近平…

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文507文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サタデープラス ブームは日本だけ? 「ノストラダムスの大予言」で人生が狂った男
  2. 東京五輪 「期間中に夏休み」政府、首都圏企業に要請
  3. 水球代表 女子合宿打ち切り 男子監督がネットで戦術批判
  4. 時代の風 豪雨当日の宴会や死刑「実況」 今やるべきはそれか?=中島京子・作家
  5. 国会前 「安倍政権退陣」デモ集会に8500人

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]