メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国務省

北朝鮮の人権状況「深刻に憂慮」と表明

日本人拉致被害者家族会、被害者早期帰国への協力改めて要請

 【ワシントン高本耕太】米国務省のナウアート報道官は2日、北朝鮮の人権問題を提起する「北朝鮮自由週間」に合わせて発表した声明で、「世界で最も抑圧的で劣悪な体制のもとで苦しむ多くの北朝鮮国民のことを忘れてはならない」と強調し、北朝鮮の人権状況を「深刻に憂慮している」と表明した。米朝首脳会談を前に、北朝鮮の人権問題を提起し、圧力維持の姿勢を強調する狙いがある。

 自由週間(4月28日~今月5日)は、米国や日韓の人権団体が主催し北朝鮮の人権問題を告発、圧力強化を…

この記事は有料記事です。

残り481文字(全文738文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮城 交番で警官刺され死亡、拳銃発砲で刃物の男も死亡
  2. 北海道地震 「セイコーマート」95%が営業できた理由は
  3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  4. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
  5. クローズアップ2018 交番襲撃・発砲 想定外、侵入者の銃使用 学校・警察、対策及ばず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです