メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国務省

北朝鮮の人権状況「深刻に憂慮」と表明

日本人拉致被害者家族会、被害者早期帰国への協力改めて要請

 【ワシントン高本耕太】米国務省のナウアート報道官は2日、北朝鮮の人権問題を提起する「北朝鮮自由週間」に合わせて発表した声明で、「世界で最も抑圧的で劣悪な体制のもとで苦しむ多くの北朝鮮国民のことを忘れてはならない」と強調し、北朝鮮の人権状況を「深刻に憂慮している」と表明した。米朝首脳会談を前に、北朝鮮の人権問題を提起し、圧力維持の姿勢を強調する狙いがある。

 自由週間(4月28日~今月5日)は、米国や日韓の人権団体が主催し北朝鮮の人権問題を告発、圧力強化を…

この記事は有料記事です。

残り481文字(全文738文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  2. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  3. クレヨンしんちゃん 声優交代が“炎上”しなかった理由
  4. 下村・自民改憲本部長 謝罪 反発やまず 衆院憲法審の開催不透明 首相の側近起用が裏目に
  5. 小池知事 鳥取知事の「母の慈愛」発言に「傷ついた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです