メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

イランのミサイル警戒 核合意離脱巡り対立激化

 【ワシントン会川晴之】2015年7月に主要6カ国とイランが結んだ核合意の見直しを強く求めるトランプ米政権。背景には、核合意の対象外であるイランの弾道ミサイルが中東地域の「不安定要因となっている」との警戒感がある。一方、イランはミサイルを「防衛手段」と位置づけており、トランプ政権の「見直し判断期限」が今月12日に迫る中、両国の対立は激しさを増している。

 米国の保守系シンクタンク「民主主義防衛財団(FDD)」のベン・タレブルー研究員によると、イランは核…

この記事は有料記事です。

残り624文字(全文851文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  3. 死者50人不明18人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  4. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

  5. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです