イラン核合意

サウジなどが離脱示唆の米支持 

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
イランの勢力拡大を示す「三日月地帯」
イランの勢力拡大を示す「三日月地帯」

「シーア派三日月地帯」危険視するサウジなどの思惑

 【カイロ篠田航一】イラン核合意からの離脱と、イランへの経済制裁再発動を示唆するトランプ米政権に対し、サウジアラビアやイスラエルが歓迎の姿勢を示している。背景には、イスラム教シーア派大国イランの影響力拡大で形成された「シーア派三日月地帯」を危険視するサウジなどの思惑がある。

 「彼は中東のヒトラーだ」。サウジのムハンマド皇太子は4月、米誌アトランティックのインタビューでイラン最高指導者ハメネイ師をそう呼び、「(第二次大戦前の)1920~30年代は誰もヒトラーを危険と認識していなかった。中東で同じことが起きてほしくない」と話した。

この記事は有料記事です。

残り451文字(全文741文字)

あわせて読みたい

ニュース特集