同志社大・調査

コウモリ、衝突防止に超音波周波数を調節

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
実験のため小型マイクを背中に装着したユビナガコウモリ=長谷一磨さん提供
実験のため小型マイクを背中に装着したユビナガコウモリ=長谷一磨さん提供

集団で飛ぶ際、混信を防ぐ 実験で裏付けは初

 同志社大生命医科学部と科学技術振興機構の研究グループは、コウモリが集団で飛ぶ際、発する超音波の周波数を調節して混信を防いでいることを確認したと発表した。互いに衝突を避ける巧みな工夫とみられ、実験で裏付けたのは初めてという。成果は3日、英科学誌「コミュニケーションズ・バイオロジー」電子版に掲載された。

 コウモリは飛行時、超音波を出し、目標物からはね返る反響(エコー)で自分の位置や大きさ、速度などを把握。レーダーと同じ原理で、夜間でも物にぶつからず飛ぶことができる。

この記事は有料記事です。

残り354文字(全文609文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集