メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小笠原

悠々と滑空、一羽のオガサワラノスリ 父島

空港建設予定地の上空を飛ぶオガサワラノスリ=東京都小笠原村で2018年4月19日、宮武祐希撮影

1メートル超の翼 国の天然記念物、絶滅危惧1B類

 東京都心から南へ約1000キロの太平洋上に浮かぶ小笠原諸島・父島(東京都小笠原村)。島の中央部にある洲崎地区に一羽のオガサワラノスリが現れた。1メートルほどの翼を広げ、うっそうとした木々が途絶える旧日本軍の滑走路跡地の上を悠々と滑空した。国の天然記念物で、環境省のレッ…

この記事は有料記事です。

残り239文字(全文398文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクハラ 女子学生と13泊の准教授を停職処分 弘前大
  2. 許さない 性暴力の現場で/4 兄からの虐待 逃げ得…納得できない /群馬
  3. 就職活動でOB訪問の女子学生にわいせつ容疑 大林組社員逮捕
  4. 市立船橋高 合格者に不合格、不合格者に合格通知郵送 校内掲示は正確
  5. 8歳女児を両手縛って水風呂に 母親と内縁の夫を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです