メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

飯舘

総代や氏子ら震災前と同じ…大雷神社で例大祭が復活

 東京電力福島第1原発事故に伴う避難指示が昨春に解除された福島県飯舘村飯樋の大雷(だいらい)神社で3日、伝統の例大祭が事故後初めて開かれた。帰還した住民は少ないものの、避難先から集まった総代や氏子ら震災前と同じ約120人が行列をなし、飯樋地区の各集落を練り歩いた。親子連れら見物客も大勢集まり、地域のつながりを確かめ合った。

 大雷神社は「田の神様」として親しまれ、3年に1度の例大祭は田植えシーズンの前に豊作を願い300年以上前から行われていた。行列にはみこしや山車、馬なども参列し、ほらがいを吹いたりしながら2日間かけて飯樋地区の全ての集落を回る。最後にあったのは2008年で、11年以降は原発事故で中止を余儀なくされていた。

この記事は有料記事です。

残り422文字(全文736文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 終活ナビ 年金受給75歳まで繰り下げがいい?

  4. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  5. 新型コロナ 福島・天栄村で「10万円」二重交付

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです