メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

飯舘

総代や氏子ら震災前と同じ…大雷神社で例大祭が復活

 東京電力福島第1原発事故に伴う避難指示が昨春に解除された福島県飯舘村飯樋の大雷(だいらい)神社で3日、伝統の例大祭が事故後初めて開かれた。帰還した住民は少ないものの、避難先から集まった総代や氏子ら震災前と同じ約120人が行列をなし、飯樋地区の各集落を練り歩いた。親子連れら見物客も大勢集まり、地域のつながりを確かめ合った。

 大雷神社は「田の神様」として親しまれ、3年に1度の例大祭は田植えシーズンの前に豊作を願い300年以…

この記事は有料記事です。

残り524文字(全文736文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか

  4. 不良集団 「半グレ」4団体トップ逮捕 大阪で摘発強化

  5. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです