メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

玄海原発

4号機、冷却水ポンプのトラブル 再稼働延期か

 九州電力は3日、再稼働に向けた準備を進めている玄海原発4号機(佐賀県玄海町)で、1次冷却水の循環ポンプの水の流量が通常の2倍に増えるトラブルが発生したと発表した。放射性物質の漏れはないという。緊急点検を実施するとともに部品を交換する方針で、今月24日にも予定していた再稼働は、6月以降にずれ込む見通しだ。

 九電によると、循環ポンプ内部で、放射性物質を含む1次冷却水が漏れるのを防ぐための部品に不具合が生じ、流量が増加した。2日午後4時過ぎ、中央制御室の警報が鳴ったことから異常が発覚。調整作業をしたが改善しなかったため、緊急点検が必要だと判断し、3日午前11時ごろに佐賀県に状況を報告した。

この記事は有料記事です。

残り364文字(全文660文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

  4. 自公、幹部の銀座クラブ出入りで危機感 野党「店罰して議員罰しないのは言語道断」

  5. 新型コロナ・私権制限をどう見る 「政府の責任だけではない」 危機管理の観点で見た第3波 先崎日大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです