特集

はやぶさ2

探査機「はやぶさ2」がリュウグウで試料を採取して持ち帰る6年の旅を完遂。分析や次のミッションを解説。

特集一覧

はやぶさ2

「想定の課題ほぼやりきった」小惑星到着に「自信」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
小惑星探査機はやぶさ2の運用訓練についてスライドを示しながら説明する佐伯孝尚はやぶさ2プロジェクトエンジニア=東京都千代田区の宇宙航空研究開発機構で2018年4月19日、永山悦子撮影
小惑星探査機はやぶさ2の運用訓練についてスライドを示しながら説明する佐伯孝尚はやぶさ2プロジェクトエンジニア=東京都千代田区の宇宙航空研究開発機構で2018年4月19日、永山悦子撮影

「リュウグウ」まで残り10万キロ 津田プロマネら記者会見

 小惑星探査機「はやぶさ2」が目的地の小惑星「リュウグウ」へ到着するまで、2カ月を切った。はやぶさ2とリュウグウの距離は約10万キロまで近付いており、計画では6月21日~7月5日の間に到着する予定だ。到着を前に、宇宙航空研究開発機構(JAXA)は4月19日、津田雄一プロジェクトマネジャーらによる記者会見を開いた。世界で初めて小惑星の物質を持ち帰った「はやぶさ」以来、13年ぶりとなる小惑星探査を前に、津田さんは「到着するためには、最後の運用が非常に重要になる。慎重にやらねばならないと考えている。本番を想定した訓練で、想定できる課題はほぼやりきった。プロジェクトチームとしてかなり自信がついた」と語った。【永山悦子、池田知広】

この記事は有料記事です。

残り5222文字(全文5565文字)

【はやぶさ2】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集