メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

夏場所前に稽古総見 5000人の観客

横綱審議委員会の稽古総見で汗を流す横綱・稀勢の里(左)と鶴竜=東京・両国国技館で2018年5月3日午前10時17分、藤井達也撮影

終了後に鶴竜が異例のあいさつ「精いっぱい頑張ります」

 大相撲夏場所(13日初日、東京・両国国技館)を前に3日、横綱審議委員会(横審)稽古(けいこ)総見が、両国国技館で行われた。年に1度、一般公開される総見では異例の、三役以上の力士による申し合い稽古があり、集まった約5000人の観客を沸かせた。

 近年の総見は横綱・大関陣が同じ相手と続けて相撲を取る三番稽古をすることが多い。だが、今回は春日野巡業部長(元関脇・栃…

この記事は有料記事です。

残り310文字(全文516文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

  4. 実体験もとに性依存症を漫画化 なぜ作者は公表したのか

  5. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです