メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

回顧展

新たな横山大観に触れて あす前半終了 千代田 /東京

 千代田区の東京国立近代美術館で開かれている回顧展「生誕150年 横山大観展」(毎日新聞社など主催)が6日、会期の前半を終える。代表作「群青富士」や個人所蔵品の一部は見納めとなる。7日に作品の入れ替え作業があり、8~27日の会期後半は「夜桜」や「紅葉」などを展示する。

 同美術館によると、回顧展の企画が持ち上がったのは約3年前。当初の構想は「超有名作品ばかりを集めたハイグレード展」だったが、明治・大正・昭和の三つの時代の作品を幅広く網羅して展示し、新たな大観像を提示することを目指した。

 だが、大観の作品は他の画家に比べて個人所蔵が多く、それが展示品集めの高いハードルになったという。企業経営者ら富裕層が盗難を恐れて秘蔵しているケースもある。出展交渉の前に、まず作品の所有者を突き止める作業が必要だった。

この記事は有料記事です。

残り265文字(全文618文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. センバツ21世紀枠候補・知内 過疎の町の宝が掲げる「全員が脇役、全員が主役」

  2. センバツ21世紀枠 候補校紹介/1 知内(北海道) 「聖地」再訪へ、打撃強化

  3. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  4. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

  5. 五嶋みどりさんにケネディ・センター名誉賞 日本出身者で小澤征爾さんに次ぎ2人目

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです