メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校軟式野球

都春季大会 駒場東邦が22年ぶりV /東京

 春季都高校軟式野球大会は4日、稲城中央公園野球場(稲城市)で決勝と第3代表決定戦があり、駒場東邦が22年ぶり2回目の優勝を飾った。駒場東邦と準優勝の小石川、3位の日体大荏原の3校は、24日から茨城県土浦市などで開かれる春季関東大会に出場する。【金塚祐司】

 ▽決勝

小石川

  000001000=1

この記事は有料記事です。

残り120文字(全文268文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『銀魂』9月15日発売の『週刊少年ジャンプ』で完結 作者の初連載作品15年の歴史に幕
  2. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途
  3. アジア大会 バスケ不祥事、4選手帰国 認定取り消し処分
  4. 夏の高校野球 大阪桐蔭、済美降し4年ぶり決勝進出
  5. 辺野古移設 政府が遅延損害金請求検討 1日2000万円

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです