メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校軟式野球

都春季大会 駒場東邦が22年ぶりV /東京

 春季都高校軟式野球大会は4日、稲城中央公園野球場(稲城市)で決勝と第3代表決定戦があり、駒場東邦が22年ぶり2回目の優勝を飾った。駒場東邦と準優勝の小石川、3位の日体大荏原の3校は、24日から茨城県土浦市などで開かれる春季関東大会に出場する。【金塚祐司】

     ▽決勝

    小石川

      000001000=1

      00010010×=2

    駒場東邦

     (小)荒井-高橋

     (駒)松岡-植松

    ▽二塁打 寺山(駒)

     ▽第3代表決定戦

    日体大荏原

      000000023=5

      000000000=0

    白鴎

     (日)菅原-市川

     (白)星野-島山

    ▽二塁打 平林(日)

    〔都内版〕

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. アメフット 日大の内田前監督、改めて「指示ではない」
    2. 森友学園 財務省が国会に提出した交渉記録のPDF
    3. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
    4. アメフット 日大選手の会見 三つのポイント
    5. アメフット 内田前監督、常務理事の職務一時停止し謹慎に

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]