メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校軟式野球

都春季大会 駒場東邦が22年ぶりV /東京

 春季都高校軟式野球大会は4日、稲城中央公園野球場(稲城市)で決勝と第3代表決定戦があり、駒場東邦が22年ぶり2回目の優勝を飾った。駒場東邦と準優勝の小石川、3位の日体大荏原の3校は、24日から茨城県土浦市などで開かれる春季関東大会に出場する。【金塚祐司】

 ▽決勝

小石川

  000001000=1

この記事は有料記事です。

残り120文字(全文268文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ドコモ新料金プラン、20ギガバイトで月2980円 5分以内の国内通話も無料

  2. 追い込まれたトランプ大統領 選挙不正訴え大演説 自身のFBに掲載

  3. よみがえった清水寺「寛永の姿」に 4年かけ本堂や舞台など大修理 京都

  4. 特集ワイド 菅首相の手法、強権的 有言実行、だから信じたが… 江田憲司・立憲民主代表代行

  5. 福岡市中心部の天神にサル出没 警察官や見物客らで一時騒然

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです