鉄道事故

山梨の踏切で車椅子女性が死亡 障害物検知装置反応せず /山梨

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 3日午後7時5分ごろ、山梨市正徳寺のJR中央線赤斐(あかい)山踏切内で、同市山根の最賀(さいが)まさえさん(85)が新宿発松本行きの特急あずさ27号(9両編成)にはねられて死亡した。日下部署によると、死因は多発外傷で、最賀さんは「シニアカー」と呼ばれる高齢者向け電動車椅子で踏切を渡ろうとしていた。衝突した電車の乗客約400人にけがはなかった。【滝川大貴、井川諒太郎】

 同署によると、最賀さんは事故直前、踏切内で電動車椅子から降りて、電車に手を振っていたという。運転士が気付いてブレーキをかけたが、間に合わなかった。県警は最賀さんが何らかの原因で踏切内で立ち往生したとみて調べている。

この記事は有料記事です。

残り435文字(全文728文字)

あわせて読みたい

ニュース特集