メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

近江八幡の火祭り

幻想的な炎絵巻 伝統「和火」披露 近江八幡・篠田神社 /滋賀

打ち上げられた花火=滋賀県近江八幡市上田町の篠田神社で、蓮見新也撮影

GWも熱い湖国

 国の無形民俗文化財に選択されている「近江八幡の火祭り」を締めくくる「篠田の花火」が4日、近江八幡市上田町の篠田神社であった。打ち上げ花火などの後、他に類を見ない仕掛け花火「和火」が披露された。火薬の青い炎で絵が浮かび上がり、盛んな歓声が起こった。

 田植え時の水に感謝する祭り。鉄砲用の火薬の製造に携わっていた氏子たちが、…

この記事は有料記事です。

残り253文字(全文421文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クイーンズ駅伝 面目躍如「小出監督」 ユニバーサル優勝
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. 児童買春容疑 元中学講師を逮捕 愛知県警
  4. コトバ解説 「熱中症」と「熱射病」の違い
  5. ニッポンへの発言 キーワード 「美しい顔」と芥川賞=中森明夫

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]