高校野球

県春季大会 石見智翠館、サヨナラV /島根

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【立正大淞南-石見智翠館】十回裏石見智翠館1死一塁、田中時の中越打でサヨナラ勝ち=島根県出雲市大社町の県立浜山球場で、鈴木周撮影
【立正大淞南-石見智翠館】十回裏石見智翠館1死一塁、田中時の中越打でサヨナラ勝ち=島根県出雲市大社町の県立浜山球場で、鈴木周撮影

 県高校春季野球大会(県高野連、県教委主催)は4日、県立浜山球場(出雲市)で決勝があり、石見智翠館が5-4で立正大淞南にサヨナラ勝ちして2年連続8回目の優勝を果たした。3位決定戦は開星が10-3で平田を降した。石見智翠館は6月2日に山口県で開幕する中国大会に、上位3校は6月8日に鳥取市で開幕する山陰大会に出場する。【鈴木周】

この記事は有料記事です。

残り455文字(全文618文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい