メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集

フィンランドの似顔絵屋さん 幸せのキャッチボール

お客さんと笑顔で話をするマッティ・ピックヤムサさん=京都市中京区河原町三条上ルのアンジェ河原町店で、岡橋賞子撮影

 温かな筆遣いが魅力のフィンランドの人気イラストレーター、マッティ・ピックヤムサさん(41)が最近始めた「似顔絵屋さん」が、日本でも徐々にファンを増やしている。マッティさんにとって、似顔絵を描く意味とは。【岡橋賞子】

 「わあ、本当にそっくり! きっと喜んでもらえます」。大阪府茨木市の服飾デザイナーの女性(54)は受け取った絵に、満面の笑みを見せた。姉から教えてもらったマッティさんの絵の「日本人にない色彩感覚」が気に入り、86歳の父、84歳の母への贈り物に、自分を入れた3人の絵を依頼したのだ。

 マッティさんは、ヘルシンキ芸術デザイン大学(現在のアアルト大学)在学中に、イラストレーターとしての…

この記事は有料記事です。

残り1468文字(全文1766文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー元選手がシアトル到着 「お疲れさまでした」の声 
  2. センバツきょう開幕 早くも強豪校激突、市立校対決も
  3. 「いつか酒でも飲みながら」ゴジラ、イチロー引退にしみじみ
  4. 借り上げ復興住宅で住民女性退去の判決 最高裁初の判断
  5. 第91回センバツ開会式始まる あこがれの聖地を球児らが次々と行進

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです