連載

九州の春

毎日新聞デジタルの「九州の春」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

九州の春

隣人が見た/5 鹿児島県大崎町・国際交流推進員 プルナマワティさん ごみを残す花見は残念 /鹿児島

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

プルナマワティさん(46)=インドネシア

 私が生まれたインドネシアは、夏と雨季しかなく、四季がある日本は魅力的です。私が今、住んでいる鹿児島県大崎町でもあちこちに花が咲いていて、スマホで撮影して友達に送っています。この町で春を迎えるのも7回目。町の国際交流推進員をしています。

 やっぱり日本の春は桜かな。インドネシアには桜みたいな木はありません。だから、桜の美しさにはびっくりします。

 こんなにも美しい花なのに、日本人の花見は少し騒々しくありませんか。カラオケやバーベキューもいいんだけど、もう少し静かに花を楽しめばいいのになあ、と思うことも。それにごみを残して帰っていくのも「何でかなあ」と思います。

この記事は有料記事です。

残り716文字(全文1017文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集