メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

九州の春

隣人が見た/5 鹿児島県大崎町・国際交流推進員 プルナマワティさん ごみを残す花見は残念 /鹿児島

プルナマワティさん(46)=インドネシア

 私が生まれたインドネシアは、夏と雨季しかなく、四季がある日本は魅力的です。私が今、住んでいる鹿児島県大崎町でもあちこちに花が咲いていて、スマホで撮影して友達に送っています。この町で春を迎えるのも7回目。町の国際交流推進員をしています。

 やっぱり日本の春は桜かな。インドネシアには桜みたいな木はありません。だから、桜の美しさにはびっくりします。

 こんなにも美しい花なのに、日本人の花見は少し騒々しくありませんか。カラオケやバーベキューもいいんだ…

この記事は有料記事です。

残り775文字(全文1017文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 生理で体育見学の女子生徒に口頭で理由報告させる 滋賀の県立高
  2. 新潟・山形地震 TSUNAMI聞き取れず 旅行中の米国人「パニックに」
  3. 漫画で解説 逃げても罪にならない!?の巻
  4. 逃走 実刑の男、刃物持ち 地検収容時、車で 110番2時間後 神奈川
  5. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 暴行容疑で逮捕の男関与か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです