メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
点検・改憲論議

/5止 国民投票法改正 本題前に手続き論 自民、憲法審の開催へ譲歩

 「国民投票法はいまだに改正していない。早期に処理できるよう丁寧に議論を進めたい」。衆院憲法審査会の与党筆頭幹事である自民党の中谷元・憲法改正推進本部長代理は、4月18日の日本記者クラブでの記者会見で、改憲手続きを定めた国民投票法を今国会で改正したいという考えを示した。

 自民、公明両党の同法改正案は、遠洋航海中の「洋上投票」の対象者を拡大するなど、国民投票を現在の公職選挙法の仕組みに合わせ、有権者の利便性を高める内容だ。

 自民は国会で憲法審を開き、改憲項目の議論に早く入りたいのが本音。だが3月8日の衆院憲法審の与党幹事…

この記事は有料記事です。

残り753文字(全文1015文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  2. ORICON NEWS ASKA脱退 Chage「とても残念な思い」コメント発表[全文]

  3. 富士山山頂付近で落石 登山中の20代女性死亡

  4. 炎上事故2人死亡 衝突した車運転の男をひき逃げ容疑などで逮捕 栃木・鹿沼

  5. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです