メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成の記憶

時代の伝言 国民負担増す一方 支え合える寛容さを NPO法人・高齢社会をよくする女性の会 樋口恵子理事長

樋口恵子さん=根岸基弘撮影

樋口恵子理事長(86)

 長く家族任せだった介護や子育ては、平成になって社会全体で支えるようになった。介護保険制度の創設や待機児童対策の推進だ。

 1978(昭和53)年版厚生白書は、老いた親と子の同居を「福祉における含み資産」と書いた。嫁に老親の世話をさせれば安上がりという発想だ。79(昭和54)年には自民党が「老親の扶養と子どもの保育・しつけは第一義的に家庭の責務」と言い出した。

 この時代、嫁になることがいかに負担が大きいか、女たちは身にしみて感じた。結婚相手として長男を忌避す…

この記事は有料記事です。

残り724文字(全文965文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コトバ解説 「熱中症」と「熱射病」の違い
  2. 西日本豪雨 ボランティアで暑さと闘う注意点
  3. クイーンズ駅伝 面目躍如「小出監督」 ユニバーサル優勝
  4. 猛暑 校外学習の小1男児が熱射病で死亡 愛知・豊田
  5. 「熱中症」診断 実は脳梗塞…家族「すぐに分かれば」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]