メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成の記憶

時代の伝言 国民負担増す一方 支え合える寛容さを NPO法人・高齢社会をよくする女性の会 樋口恵子理事長

樋口恵子さん=根岸基弘撮影

樋口恵子理事長(86)

 長く家族任せだった介護や子育ては、平成になって社会全体で支えるようになった。介護保険制度の創設や待機児童対策の推進だ。

 1978(昭和53)年版厚生白書は、老いた親と子の同居を「福祉における含み資産」と書いた。嫁に老親の世話をさせれば安上がりという発想だ。79(昭和54)年には自民党が「老親の扶養と子どもの保育・しつけは第一義的に家庭の責務」と言い出した。

 この時代、嫁になることがいかに負担が大きいか、女たちは身にしみて感じた。結婚相手として長男を忌避する風潮が生まれた。子持ちの女性の就労を応援する保育所の整備も進まない。日本はあっという間に子どもの産まれない国になった。

この記事は有料記事です。

残り664文字(全文965文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. チュートリアル徳井義実さん 24日から活動再開 申告漏れ発覚から4カ月ぶり

  2. 都内勤務の千葉県40代男性の感染を確認 症状出た後に広島、岐阜に出張

  3. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  4. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  5. 「月収7万円減」新制度開始 自治体の非正規職員から上がる悲鳴

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです