メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球

ヤクルト8-0広島 ブキャナン、無四球完封

 (7)神宮(広島5勝2敗)

広島   000000000=0

ヤクルト 03000005×=8

 <勝>ブキャナン 3勝1敗 登板6

 <敗>ジョンソン 2勝2敗 登板6

 ヤクルトはブキャナンの投打にわたる活躍で連勝。打たせて取って三塁を踏ませず今季チーム初完封。打線は二回に中村のスクイズとブキャナンの適時二塁打などで3点を奪い、八回は荒木の満塁本塁打で突き放した。広島は今季初の零封負け。

この記事は有料記事です。

残り463文字(全文656文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  2. 岐阜・中3転落死「主因は前日のいじめ」 トイレで便器に頭入れる姿勢とらせる 第三者委が認定

  3. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  4. 羽生SP97.43で2位 首位チェンは110.38 GPファイナル

  5. 名古屋・小5いじめ 同級生への支払いは20万円 保護者説明会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです