メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

3・11それから

’18春/中 岩手・陸前高田 父の店再建 そば作り、人を呼ぶ

真新しい「やぶ屋」の調理場で、そばをゆでる店主の及川雄一さん=岩手県陸前高田市で、喜屋武真之介撮影

これまでの記事

 東日本大震災の津波で流された、岩手県陸前高田市の人気そば店「やぶ屋」。2代目店主の及川信雄さんが、店の近くで遺体で見つかったのは震災から約1カ月後だった。仕事に身が入らなかった長男の雄一さんも、徐々に3代目としての自覚を深め、震災翌年の2012年4月にプレハブ店舗で営業を再開。商売が軌道に乗り、震災前にやぶ屋があった中心市街地に新しい店を建てることを決め、昨年10月にオープンした。記事は今回で8回目。

 そばを目当てに「やぶ屋」前にできる長い列は、新たなまちの風景になった。店主の及川雄一さん(50)が…

この記事は有料記事です。

残り1148文字(全文1408文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票
  2. 鹿児島高1自殺 「かばんに納豆巻き、いじめあった」認定
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 砂川判決 多数説起案の「入江メモ」発見 自衛権の範囲踏み込まず
  5. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです