メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞

文学賞見送り アカデミー、スキャンダルで権威に傷 内部対立収束が鍵

 【ロンドン共同】今年のノーベル文学賞の発表が見送られることが決まった。選考主体であるスウェーデン・アカデミーを舞台にした性的暴行疑惑など数々のスキャンダルが原因で、こうした理由での見送りは前代未聞だ。1901年に創設され、世界で最も有名で権威があるとされる文学賞の伝統に大きな傷が付いた。

 1786年創設でスウェーデン最高権威の学士院であるアカデミーは、ノーベル賞の名誉ある地位を維持できるか、正念場に立たされている。

 性的暴行疑惑への対応などを巡る内部対立を早期に収束させ、改革を行うことがその鍵を握る。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 差別発言の長谷川豊氏、公認取り消しも 維新・松井代表が検討指示
  2. 元フジアナの長谷川豊氏が差別発言 参院選擁立予定の維新は処分検討
  3. 丸山氏に続き長谷川氏、舌禍相次ぐ維新 その背景は?
  4. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか
  5. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです