メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞

文学賞見送り 専門家「良い折衷案」 ハルキストは落胆

 毎年秋に結果が注目されてきたノーベル文学賞の今年の発表が4日、見送られることが明らかになった。作家の村上春樹さんの受賞を期待し続けるファン“ハルキスト”は「寂しい」と落胆する。一方で海外文学の専門家からは、今回の決断を評価する声も上がった。

 選考主体のスウェーデン・アカデミーによる結果発表のインターネット中継をハルキストらが見守るイベントは、毎年10月の恒例行事となっていた。東京都杉並区のカフェ「6次元」店主のナカムラクニオ…

この記事は有料記事です。

残り324文字(全文540文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  2. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  3. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  4. トヨタ社員がパワハラ自殺 「ばか」と言われ適応障害に 復職後、斜め前に叱責上司

  5. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです