メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウニ

赤潮で減少 調査半世紀で裏付け 京大

 ウニ類が赤潮で減少することを、京都大瀬戸臨海実験所(和歌山県白浜町)などの共同研究グループが、田辺湾沖にある同大学所有の自然保護区・畠島(同町)での52年間の生態調査で裏付けた。赤潮が海の生態系に影響を及ぼすことは知られていたが、データが示されたのは初といい、4月25日、国際生態学誌「エコロジカル・インディケーターズ」電子版に掲載された。【菅沼舞】

 グループは1963~2014年に年1回、ムラサキウニ、タワシウニ、ナガウニ類の個体数を定点調査。1…

この記事は有料記事です。

残り353文字(全文579文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. マルクスの墓、また荒らされる 「憎悪の教え」落書き
  2. 汚泥 解体工事で 6立方メートル流出か 県中山間農業研支所 /岐阜
  3. スキー客2人が行方不明 新潟・湯沢町
  4. 時代の風 日本人の変わらぬ中国観 自国の立ち位置、直視を=城戸久枝・ノンフィクションライター
  5. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです