メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ウニ

赤潮で減少 調査半世紀で裏付け 京大

 ウニ類が赤潮で減少することを、京都大瀬戸臨海実験所(和歌山県白浜町)などの共同研究グループが、田辺湾沖にある同大学所有の自然保護区・畠島(同町)での52年間の生態調査で裏付けた。赤潮が海の生態系に影響を及ぼすことは知られていたが、データが示されたのは初といい、4月25日、国際生態学誌「エコロジカル・インディケーターズ」電子版に掲載された。【菅沼舞】

 グループは1963~2014年に年1回、ムラサキウニ、タワシウニ、ナガウニ類の個体数を定点調査。1…

この記事は有料記事です。

残り353文字(全文579文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 米政府、異例の「失望」声明 韓国GSOMIA破棄に改善促す

  4. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです