メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

韓国の文在寅大統領=韓国共同写真記者団撮影
中国の習近平国家主席=AP

 【ソウル渋江千春】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と中国の習近平国家主席は4日、南北首脳会談後初の電話協議をした。板門店宣言に基づき、年内に朝鮮戦争終結を宣言し、休戦協定を平和協定に転換する過程で緊密に連絡し合い、協力することで一致した。韓国青瓦台(大統領府)が発表した。

 青瓦台によると、35分間の電話協議で文大統領が南北会談について説明。習主席は会談開催と板門店宣言を祝い「文大統領の役割が絶対的だった」と評価したという。文大統領は「米朝首脳会談や朝鮮半島の非核化、平和定着の過程では、習主席の継続的な関心と支援、中国政府の積極的な関与が重要だ」と強調した。

 終戦宣言に関しては、青瓦台関係者が2日「(中国とは)敵対・対立関係は清算されている」などとして、北朝鮮、米国との3カ国で宣言する可能性を示している。聯合ニュースによると、中国が排除される可能性について習主席は電話協議では言及しなかったという。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相 観閲式視察 中国、北朝鮮をけん制
  2. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
  3. 陸上 山県が2位 優勝はガトリン 男子100メートル
  4. キューバ 旅客機墜落 死者は110人に
  5. 旧優生保護法 強制不妊、妻に言えず 提訴の男性「人生返して」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]