メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル文学賞

ハルキスト「寂しい」 今年見送り

 毎年秋に結果が注目されてきたノーベル文学賞の今年の発表が4日、見送られることが明らかになった。作家の村上春樹さんの受賞を期待し続けるファン“ハルキスト”は「寂しい」と落胆する。一方で海外文学の専門家からは、今回の決断を評価する声も上がった。

 選考主体のスウェーデン・アカデミーによる結果発表のインターネット中継をハルキストらが見守るイベントは、毎年10月の恒例行事となっていた。東京都杉並区のカフェ「6次元」店主のナカムラクニオさんは自身もファンで、イベントの一つを主催してきた。「春樹さんの受賞発表がないのは少し寂しい」とがっかりしつつ「来年まとめて2人の受賞者が発表されるなら…

この記事は有料記事です。

残り438文字(全文729文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 3人組の男が待ち伏せの情報も

  2. 新潟駅前ビルで20代女性刺され死亡 男逃走

  3. 前夜祭「会費5000円」で安倍首相反論 官邸幹部も「唐揚げ増やすなどやり方ある」

  4. 新潟県警機動隊員を逮捕 SNSで迷惑行為の疑い

  5. 「立花氏が暴行との表現、誤っているとは言えない」東京地裁が賠償請求棄却

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです