メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
世界遺産延期

奄美・沖縄見通し甘く 推薦地「虫食い」

 政府が世界自然遺産に推薦した「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」について、国際自然保護連合(IUCN)が今年の登録を見送る「登録延期」を国連教育科学文化機関(ユネスコ)へ勧告した。日本の自然遺産について、登録延期となったのは今回が初めて。背景には、IUCNの現地調査で問題視された飛び地を推薦地とし、政府が推薦地に盛り込まなかった在日米軍の北部訓練場跡の自然環境をIUCNが重要視するなど、世界遺産登録への見通しの甘さがあった。

 「望む結果ではなかったが一喜一憂せず、今後の対応を考えたい」。「登録延期」の一報を受けて4日早朝に…

この記事は有料記事です。

残り1102文字(全文1371文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡「長浜の屋台」がピンチ 廃業相次ぎ「さみしか」 中洲や天神と明暗分かれ

  2. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  3. 水泳オープンウオーター選手悲鳴!お台場は悪臭と猛暑Wパンチ「トイレみたいな臭い」(スポニチ)

  4. 「最古のポルシェ」売れず 18億円申し出あったが…米競売

  5. カジノ誘致 横浜市が表明へ 林市長、週内にも

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです