メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

野外音楽フェス

市民の手で 毎年継続へCF活用 佐倉 /千葉

 昨年9月に佐倉草ぶえの丘(佐倉市飯野)で同市が初めて開催した野外音楽フェスティバル「くさのねフェス」が、今年は市民の手で開かれる。実行委のメンバーは「来た人すべてが楽しめるイベントとして、毎年継続し育てていきたい」と話し、佐倉の晩夏の風物詩にしたいと意気込んでいる。【近藤浩之】

 昨年のフェスは9月3日にあり、ロックを中心に同市ゆかりのプロ・アマのアーティスト29組が熱演し、市内外から約1700人が来場する盛況ぶりだった。市が若者を呼び込もうと、約100万円の予算で開催した。

 翌年の開催に向けて実行委設立の話が持ち上がったのは、フェスが終わって間もなく。当時、市施設の草ぶえ…

この記事は有料記事です。

残り723文字(全文1013文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. ORICON NEWS 幼稚園児の娘の絵を完全再現…“究極のキャラ弁”披露する芸人父「弁当作りで成長見える」
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  5. 神戸バス暴走 「一緒に仕事していた仲間」「お姉ちゃん先生」 犠牲の若者2人を悼む声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです