メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

野外音楽フェス

市民の手で 毎年継続へCF活用 佐倉 /千葉

 昨年9月に佐倉草ぶえの丘(佐倉市飯野)で同市が初めて開催した野外音楽フェスティバル「くさのねフェス」が、今年は市民の手で開かれる。実行委のメンバーは「来た人すべてが楽しめるイベントとして、毎年継続し育てていきたい」と話し、佐倉の晩夏の風物詩にしたいと意気込んでいる。【近藤浩之】

 昨年のフェスは9月3日にあり、ロックを中心に同市ゆかりのプロ・アマのアーティスト29組が熱演し、市内外から約1700人が来場する盛況ぶりだった。市が若者を呼び込もうと、約100万円の予算で開催した。

 翌年の開催に向けて実行委設立の話が持ち上がったのは、フェスが終わって間もなく。当時、市施設の草ぶえ…

この記事は有料記事です。

残り723文字(全文1013文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コトバ解説 「熱中症」と「熱射病」の違い
  2. 西日本豪雨 ボランティアで暑さと闘う注意点
  3. クイーンズ駅伝 面目躍如「小出監督」 ユニバーサル優勝
  4. 猛暑 校外学習の小1男児が熱射病で死亡 愛知・豊田
  5. 「熱中症」診断 実は脳梗塞…家族「すぐに分かれば」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]