彩人旬人

気鋭の楽器制作者 八田淳史さん /三重

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

削り0.1ミリ 究極を追求 八田淳史(はった・あつし)さん(38)

 米国で生まれたフラットマンドリンをはじめ、アコースティックギターやウクレレを精力的に作り続ける八田淳史さん(38)=いなべ市藤原町東禅寺。高級楽器店に卸す商品や受注品は高い評価を受け、気鋭の楽器制作者として注目を集めている。音響を左右する板の厚みは「0・1ミリ単位で削るシビアな世界です」。日々、木と向き合いながら究極の仕上がりを追い求める。【松本宣良】

 藤原岳のふもとにある自宅敷地内に工房「HATTA works」を構える。ここで手作りした、世界に一つしかない品々を全国に発信している。

この記事は有料記事です。

残り942文字(全文1221文字)

あわせて読みたい

注目の特集