メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

例大祭

鳳凰、空に高々と 野洲・兵主大社 /滋賀

みこしの屋根に上がり、抜き取った鳳凰を高く掲げる氏子=滋賀県野洲市五条の兵主大社で、礒野健一撮影

 今年で鎮座1300年となる兵主(ひょうず)大社(野洲市五条)の例大祭が5日、開かれた。

 近在の18集落から、みこしが集まり、うち7基が楼門に鎮座する例大祭の形は室町時代から続くという。初夏の青空の下、午後0時半から18集落の流れをくむ各自治会の34基のみこしや太鼓が「ヨイサー、チョイトサー」と勇ましく声…

この記事は有料記事です。

残り231文字(全文384文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「カスハラ」労災10年で78人、24人が自殺 悪質クレーム対策急務

  2. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. 菅原経産相 新たに香典疑惑 「事実ならアウト」自民党内にも進退問う声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです