メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

会いに来てね

/5止 神戸どうぶつ王国のアカカンガルー 生まれた時は体長2センチ /兵庫

のんびりと寝っ転がるアカンガルーの子ども=神戸市中央区の神戸どうぶつ王国で、池田一生撮影

 神戸市中央区港島南町7の神戸どうぶつ王国では、来場者がカンガルーと直接触れ合うことができる。

 触れ合いエリア「カンガルーファーム」では、アカカンガルー14頭(雄6頭、雌8頭)が芝生の上を跳ね回ったり、木陰で寝転がったりと自由気ままに暮らしている。このうち5頭は、まだ生後約1年の子どもだ。

 アカカンガルーの赤ちゃんは体長わずか2…

この記事は有料記事です。

残り235文字(全文400文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・立川でイノシシ目撃 昭和記念公園が閉園 台風影響か

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  4. 天皇陛下即位パレード延期、首相が表明 「即位礼正殿の儀」は実施

  5. 保護猫たちのニャン生 (2)おむすび 「いらない」と言われて来たけれど

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです