メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

長崎の地銀統合なぜ停滞? シェア7割に公取委難色 取引先に不利益も=回答・久野洋

 なるほドリ 九州で地銀再編(ちぎんさいへん)がストップしていると聞いたよ。

 記者 親和銀行(しんわぎんこう)(長崎県佐世保市(ながさき させぼ))を傘下(さんか)に持つふくおかフィナンシャルグループ(FFG、福岡市)と、十八(じゅうはち)銀行(長崎市)のことですね。両社はライバル関係にありましたが、2016年2月に経営統合(けいえいとうごう)を発表しました。統合で業務を効率化し、生き残りを図るのが狙いです。しかし、公正取引委員会(こうせいとりひきいいんかい)が難色を示し、統合が無期限延期(むきげんえんき)の状態になっています。

この記事は有料記事です。

残り536文字(全文803文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嵐フェス2020」収録中の花火で神宮球場の試合中断 ジャニーズおわび

  2. 警視庁が20代男性を誤認逮捕 1人の証言をうのみ 33時間後に釈放

  3. サムスン電子の李健熙会長が死去 創業家2代目、世界的ブランドに育てる

  4. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 学術会議への関心は「新政権のツッコミどころだから」 投稿炎上、西田亮介氏の真意は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです