連載

なるほドリ

ニュースの背景や素朴な疑問を「なるほドリ」が質問。担当記者がQ&Aでわかりやすく答えます。

連載一覧

なるほドリ

長崎の地銀統合なぜ停滞? シェア7割に公取委難色 取引先に不利益も=回答・久野洋

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 なるほドリ 九州で地銀再編(ちぎんさいへん)がストップしていると聞いたよ。

 記者 親和銀行(しんわぎんこう)(長崎県佐世保市(ながさき させぼ))を傘下(さんか)に持つふくおかフィナンシャルグループ(FFG、福岡市)と、十八(じゅうはち)銀行(長崎市)のことですね。両社はライバル関係にありましたが、2016年2月に経営統合(けいえいとうごう)を発表しました。統合で業務を効率化し、生き残りを図るのが狙いです。しかし、公正取引委員会(こうせいとりひきいいんかい)が難色を示し、統合が無期限延期(むきげんえんき)の状態になっています。

この記事は有料記事です。

残り536文字(全文803文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集