メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イラン核合意

正念場 米の離脱判断まで1週間

 【バンコク松井聡】2015年にイランが欧米など6カ国と結んだ核合意について、米国のトランプ政権が離脱か否かを判断する期限(12日)まで5日で1週間に迫った。核合意の維持を目指すフランスのマクロン大統領が、現行の核合意に三つの規制を加える修正案を提案し、各国に検討するよう説得に回るなど、ぎりぎりの外交交渉が続いている。

 「核合意は交渉不可能で、(核合意の)義務を超えるいかなる制約も受け入れない」。イラン大統領府による…

この記事は有料記事です。

残り1264文字(全文1474文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. AAAリーダーを暴行容疑で逮捕 「飲みに行こう」と誘うも断られ平手打ち
  4. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」
  5. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです