イラン核合意

正念場 米の離脱判断まで1週間

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【バンコク松井聡】2015年にイランが欧米など6カ国と結んだ核合意について、米国のトランプ政権が離脱か否かを判断する期限(12日)まで5日で1週間に迫った。核合意の維持を目指すフランスのマクロン大統領が、現行の核合意に三つの規制を加える修正案を提案し、各国に検討するよう説得に回るなど、ぎりぎりの外交交渉が続いている。

 「核合意は交渉不可能で、(核合意の)義務を超えるいかなる制約も受け入れない」。イラン大統領府によると、ロウハニ大統領は4月29日のマクロン氏との電話協議でこう述べ、三つの追加規制を含む核合意の修正交渉には応じない姿勢を示した。一方、ロウハニ師は「中東の安定や安全保障、とりわけ対テロについては話し合う準備ができている」とも表明。欧米と交渉可能な分野があることを示し、歩み寄る余地を残した可能性もある…

この記事は有料記事です。

残り1114文字(全文1474文字)

あわせて読みたい

注目の特集