連載

もとをたどれば

商品名や社名などにこめられた企業の思いを紹介します。

連載一覧

もとをたどれば

アサヒ飲料 ウィルキンソン 英国人が宝塚山中で発見

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
=アサヒグループホールディングス提供
=アサヒグループホールディングス提供

 アサヒ飲料の「ウィルキンソン」は、110年以上の歴史がある兵庫県発祥の国産炭酸水だ。

 1889年、日本に住む英国人実業家のジョン・クリフォード・ウィルキンソン氏が宝塚の山中で狩猟中、炭酸鉱泉を偶然発見したのが始まり。英国に送って分析したところ、良質なミネラルウオーターになるとの結果が出た。翌年設備を英国から取り寄せ、鉱泉を瓶詰めにして「仁王印ウォーター」の名で販売を開始。1904年には西宮市に工場を移転し、創業者にちなんだ「ウヰルキンソン・タンサン」に…

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文573文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集