メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

パルミラ 歴史学者の誇り(その2止) 拷問に最期まで黙し

神像などが引き倒され破壊されたパルミラ博物館=シリア中部パルミラで2017年12月18日

 

 ◆狙われる中東の文化遺産

過激派の資金源に

 古代メソポタミア文明発祥の地、チグリス川とユーフラテス川の流域はイラクとシリアにまたがる。過激派組織「イスラム国」(IS)はこの地域で2014年に「国家樹立」を宣言。残虐行為は世界を震え上がらせた。抵抗する住民の首を容赦なく切り、時には生きたまま焼き殺す。15年には人質の日本人2人を殺害した。

 資金源は銀行から強奪した現金、支配地での「徴税」、誘拐の身代金、石油の密輸、そして略奪した文化遺産…

この記事は有料記事です。

残り4751文字(全文4972文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 植松被告接見一問一答(18~26回目)「死刑になるつもりはないです」「価値のある人間になりたいと思っていた」

  2. 桜を見る会 内閣府「論理破綻」の内幕と説明 名簿廃棄後も復元試みず

  3. 小泉環境相、石炭火力の輸出制限表明を見送り COP演説 国際的反発必至

  4. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  5. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです