メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

たねダンゴ

泥遊び感覚で

丸めた土に種をまぶした「たねダンゴ」

 園芸が楽しくなる季節。公益社団法人・日本家庭園芸普及協会は手軽な園芸法として「たねダンゴ」作りを勧めている。

 たねダンゴは、丸めたダンゴの土に種をまぶし、花壇やプランターの土の上に置くだけのたねまき法。荒れた土地に作物を植える自然農法でも利用されている方法だ。種を土にまくより栽培が簡単で、重さがあるため風や雨にも負けずに傾斜地でも栽培できる。1カ所から数株の芽が出て、花束のような姿に育つという。

 子どもなら、どろんこ遊びの感覚で花壇作りができ、大人も両手でダンゴを丸める作業は心地よく、気軽に楽…

この記事は有料記事です。

残り366文字(全文616文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「面倒見の良い人」救助ヘリ落下死 女性悼む住民たち

  2. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  3. 武蔵小杉タワマン停電 全面復旧見えず

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 「アラ探そうと躍起」 群馬の山本一太知事、ネットで記者批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです