メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

男の気持ち

姓を変えたら さいたま市浦和区・山口直人(会社員・36歳)

 結婚して姓が変わった。

 妻は通称が使えない職種だったため、職場での通称使用が認められている僕が姓を変えることになった。

 覚悟はしていたとはいえ、結果は小さなストレスの連続。

 職場では旧姓・山口で通しているが、社内の電子社員名簿では戸籍名の表示しか認められていない。

 先輩が「山口にもメールを送っておいて」と他部署の人に頼んだら、「○○課には山口さんはいません」と言われる。旧姓で仕事をしていると伝えてあるにもかかわらず、である。

 同僚には何度も戸籍名で呼ばれる。悪気はないのかもしれないが、イライラが募る。揚げ句、電子化により社内文書の作成者名は戸籍名しか認められず、旧姓が使えない事態に。味方のはずの労働組合に訴えても、男性中心の執行部は何が問題なのか、ぴんときていない様子だ。

この記事は有料記事です。

残り244文字(全文585文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ対策「アドバイザリーボード」再開 「夜の街」呼称やめ「社交飲食店」に

  2. 首相と菅氏、吉村知事を厚遇「リーダーシップに敬意」 小池氏と対照的

  3. 独自大会で3時間の降雨中断 鹿児島城西ナインが取った思わぬ行動 高校野球

  4. 「佐川さんには私の目を見て話をしてほしい」 近畿財務局職員の妻雅子さん

  5. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです