メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

本村凌二・評 『ケルトの想像力 歴史・神話・芸術』=鶴岡真弓・著

 (青土社・3888円)

ヨーロッパ文明文化の根源を再考

 半世紀以上も前からフランスを中心にしてヨーロッパで愛読されている漫画『アステリックス』がある。ガリアとよばれた古代フランスを征服しようとする勇将カエサル率いるローマ軍にあくまで抵抗するケルト人の物語である。

 オーストリアのハルシュタット湖畔にある岩塩採掘跡地から前九~八世紀の初期鉄器遺物が発見され、ケルト文明発祥の地と言われる。この文化を携えた人々は西や南に移動し、やがて前四~三世紀にはギリシャ人やローマ人の勢力に押さえこまれながら古層文化として潜んだ。

 ケルト人は、ローマ側から語られることが多いが、ガリアを中心とする西ヨーロッパの西端部にはケルト文明…

この記事は有料記事です。

残り1211文字(全文1518文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コトバ解説 「風疹」と「麻疹」の違い
  2. 風疹 流行広がり患者数5倍超 「妊婦は外出避けて」
  3. 風疹 症状、妊婦への影響、予防法・・・Q&Aまとめ
  4. 館林市議選 投票者総数より多かった 「謎の1票」なぜ
  5. 風疹 流行続く 患者127人増

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです