メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

賢い選択

価値の低い医療/下 症状のない人の腫瘍マーカー検査 がん早期発見は困難

陽性的中率わずか

 人間ドックの「腫瘍マーカー検査」は、採血だけでできるがん検診だ。患者のがんの進行具合を把握するのにとても役立つが、健康な人が利用してもがんの早期発見はかなり難しく、専門家もマーカーの使い方には注意を呼びかけている。【渡辺諒】

     「人間ドックで腫瘍マーカーが陽性でした。詳しく調べてください」。府中病院(大阪府和泉市)の津村圭・総合診療センター長は、来院者からこんな相談をよく受ける。

     腫瘍マーカー検査で疑われたがんを見つけようと、内視鏡で胃や大腸、CT(コンピューター断層撮影装置)を使って胸などを精密に調べたりする。だが、腫瘍マーカーの数値の上昇だけでがんが見つかるケースは極めてまれだ。津村医師が「大丈夫でしたよ」と説明しても、患者は「マーカーが『がん』を示しているのだからきっとあるはず。費用はいくらかかってもいい。もっと検査して見つけてください」と言って疑心暗鬼になるという。

     がんになると特徴的なたんぱく質が作り出される。そのうち、主に血液中で測れるものが「腫瘍マーカー」として検査で応用される。国立がん研究センターなどによると、腫瘍マーカーは現在約15種類。たんぱく質の量が基準値以上に増えると「がんの疑い」と判定される。

     腫瘍マーカーでがんが見つかりにくいのはなぜなのか。津村医師は「検査を評価する指標の『感度』と『特異度』がいずれも低いことが関係している」と説明する。感度は高いほど見落としが少なく、100%だと基準値以上は全て「病気」となる。特異度は高いほど病気を特定でき、100%だと基準値以下なら全て「病気でない」となる。

     検査の専門家で作る日本臨床検査医学会によると、腫瘍マーカー検査では「病気」と判定された人のうち、本当に病気の人がどれだけいるかが重要という。「陽性的中率」という指標で判断し、これが100%だと「『病気』と判定された人全員が正しく病気で、見落としもない」となる。陽性的中率を計算するには感度と特異度のほか、検査を受けた人に占める病気の人の割合(有病率)が強く影響してくる。

     具体的に説明するとこうだ。「CEA」という腫瘍マーカーがあり、学会によると、その感度と特異度は高くても80%程度。人間ドック受診者のがん有病率は1%程度としている。例えば、1000人が検査を受けた場合、10人ががんで、990人ががんでない。感度は80%のため、がんの10人のうち、「がんの疑い」と判定されるのは8人。特異度も80%のため、がんでない990人のうち、判定が「がんの疑いでない」は792人、「がんの疑い」は198人。結局、検査で「がんの疑い」と判定されるのは計206人。このうちがんは8人だから、陽性的中率は4%でしかない。感度、特異度が80%の検査でも、健康な人にとって「低い」と言われる理由だ。

     さらに、腫瘍マーカーの大半は特定のがんだけに反応するのではない。例えば、CEAは、肺や胃、大腸、膵(すい)臓(ぞう)などのがんに反応する。がんだけでなく、糖尿病や肝硬変、胃潰瘍など別の病気や、高齢や喫煙など病気以外の要因でも反応するケースがある。

     実際、がんは人間ドックの腫瘍マーカー以外の検査で見つかるケースが多い。見つかった人がマーカー検査を受ける集団から抜け出ることで、有病率はさらに低くなるため、津村医師は「マーカー検査をあえて受ける必要はない」という。学会もガイドラインで、腫瘍マーカーについて「(症状がない人の)がんの早期発見には適していない」と明記。診察や画像検査からがんが強く疑われる人にだけ腫瘍マーカーを使うよう指導する。過剰な医療を見直す米国のキャンペーン「Choosing Wisely」(賢い選択)の日本版でも、症状のない人への腫瘍マーカーを使ったがん検診を推奨していない。

     さらに、がんであることを突き止められない腫瘍マーカー検査の弊害もある。マーカー検査で「がんの疑い」と判定された後も、本当にがんがあるかないかを確定させるためにはいくつも精密検査を行わなければならず、いずれも公的な医療保険が使われるからだ。津村医師は「健康な人が受ける腫瘍マーカー検査は、医療経済の面からしても無駄が多い」と批判する。

    再発発見には有効

     一方、腫瘍マーカーの検査が役立つケースもあるという。臨床検査医学が専門の浜松医科大病院検査部の前川真人部長は「がんの疑いの強い人が継続的に検査すれば、がんの進行具合や再発を知ることができる」と説明する。

     腫瘍マーカーは、健康な人でもある程度血液の中に含まれる。マーカー検査は、がんが進行してマーカーの数値が上昇し、基準値を超えると「病気」と判定される仕組み。だが、どんな検査でも100%完璧はない。日によって、病気でないのに「病気」とされたり、病気なのに「病気でない」と判定されたりする。同じ人でも、マーカーの数値が日ごとに変動していることが関係している。

     例えば、ある男性についてCEAの値を6年間追跡したところ、血液1リットル中1~2マイクログラムで推移していたという。陽性の基準値は同5マイクログラムなので大幅に低いが、安心もできない。5マイクログラムに達していなくても、平均的な1~2マイクログラムから逸脱すれば「異常」とも考えられ、がんなど何らかの病気を疑った方がいいかもしれないからだ。

     前川部長は「各個人が自分の腫瘍マーカーの値を把握し、そこから逸脱したら病気を疑うのが理想的だ。1回検査しただけで、正確な結果を期待するのは難しい」と指摘する。

     ただし、過去の値と比べる時は注意しなければならない。腫瘍マーカーの検査試薬や機器によって、データにばらつきが生じるからだ。前川部長は「健康な人が長期にわたり腫瘍マーカーのデータを取り続けるのは現実的でない」と強調。その上で「がんの疑いがある患者や、再発の恐れがある患者が、同じ医療機関で定期的に検査を受ければ、意義のある結果が得られる」と話した。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. アメフット 日大前監督の内田氏、心労で入院へ
    2. アメフット 日大選手の会見 三つのポイント
    3. アメフット 日大の内田前監督、改めて「指示ではない」
    4. アメフット 井上コーチ「QBつぶせ、けがが目的でない」
    5. アメフット 内田前監督、常務理事の職務一時停止し謹慎に

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]